費用/効果/対象データ

[ 費 用 ]

(1)[ パッケージ型サービス ]

費用/効果/対象データにて使用されている図

(2)[ 各個別型サービス ]

各個別型のサービス/価格 については、問合せページより、お願い致します。

[ 効 果 ]

1.コスト削減効果(ITコスト、TCO、人件費)

2.社員のパフォーマンス向上(1人で1人以上分働く、デジタルストレス軽減)

3.セキュリティ対策(DLP(Data Loss Prevention)対策も含む)・BCP対策(会社に取って絶対的に必要なデータはどれか?)

4.会社と所属部署単位で、どれだけのデータ量があるか把握出来る

5.顧客への提案書の精度が上がる ⇒ 売上げ向上に繋がる

6.データのモビリティを上げる事により、システム対応に柔軟性を持たせられる(良いSaaSサービスが出現した時に、既存システムからの乗換が可能)

7.社内データのバックアップが取りやすくなる

8.データを整理する事により、要らないシステム(SaaS、サブスクリプションサービスなども含む)、デバイスが明確になる

[ 対象データ ]

対象データ格納先:クラウド~オンプレミス1

対象データ(ファイル)の形式については、
3.5インチもしくは2.5インチのSATA形式ハードディスク(HDD)に収められているもの
NVMeのSATA/SAS、ニアライン、SAS、Linuxサーバーについては、ubuntuとCentOSのみ


Windows形式で確認出来るデータ(ファイル) サーバーも含む
WindowsServerNT、2000、2003、2008、2012、2016、2019、2022
※ 全てのバージョンでR2タイプも含む

OneData株式会社での社内ネットワーク、クライアントPC、サーバー図

▼お問い合わせ等は下記から御願い致します▼

    必須会社名

    任意部署

    必須お名前

    必須メールアドレス

    任意郵便番号

    任意住所

    任意電話番号

    必須相談・お問い合わせ内容

    お知らせ
    今の人員でもっと効率のいいデータ活用をサポート致します。