データ整理の効果、改善される点、メリットデメリット

業務負荷を低減したい / 人的ミスを軽減したい / 属人化を排除したい / 納期の短縮をしたい / 単純作業から解放されたい

組織力強化

チーム力の強化と中堅・ベテラン社員の役割分担がしやすくなる
後輩の指導力向上と中堅・ベテラン社員の役割分担がしやすくなる
フォローワーシップによる組織力の向上が期待できる
効果的なOJTを実施するための指導法が確立し易くなる
中堅・ベテラン社員による組織の活性化のための技法が描きやすくなる
現場社員のための組織行動力向上が期待できる
組織力強化のための管理がしやすくなる
職場のリーダーに求められる統率力の向上が期待できる

組織の横断的な課題解決

ナレッジマネジメントができる
サイバー攻撃を受けた際にも、大切な情報をランク分けなどして保護する
企画力向上のための論理的思考法ができる
事故を無くす安全衛生活動が期待できる
成果をあげる業務改善が期待できる
業務効率向上のための時間管理がしやすくなる
管理者のための問題解決力が向上が期待できる

売上に対する影響

提案営業の精度があがる
顧客分析しやすくなる
ビジネス現場の交渉力があがる
マーケティングを組み入れた営業の分析・改善ができる

生産・業務プロセスの改善

生産現場の問題解決ができる
ものづくりの仕事のしくみと生産性向上が期待できる
パスワードの基準も統一しておく事により、セキュリティを高める事が出来る
品質管理がし易くなる
原価管理やコストダウン、生産計画と工程管理がしやすくなる
企業価値をあげるための財務管理がしやすくなる
生産性分析と向上がしやすくなる
生産性向上のための課題とラインバランシングがしやすくなる

データ整理のメリット・デメリット

データ整理のメリット

データ整理をやった事の無い会社だと、少し時間が経つと効果が感じられる
自社社員に本業に集中させる事が出来る
自社社員の生産性を向上させる事が出来る
引き継ぎが比較的楽
社内でのデータ(ファイル)の共有が出来る
紙媒体を電子化した場合、探しやすくなる
固定費を下げる事が出来る
クラウド容量ベースの課金体系の場合、ITコストを下げる事が出来る
データを把握する事がセキュリティリスクを下げる事が出来る
自社社員のアウトプットのスピードと精度が上がる
自社社員のインプットのスピードと咀嚼力(そしゃくりょく)が上がる
データを見やすくする事により、人のIOPSを上げる事が出来る

データクレンジング(データ整理も含む)をするメリット

データ整理のデメリット

データ整理に時間を掛けすぎてしまう
データ整理完了後の初期は、少し混乱が予想される
データ整理完了後バックアップデータから、格納した過去データ引き出す事が数回ある事が予想される
データ整理が中途半端になってしまった場合、多方面に少なからず影響が出て、少し時間を取られる可能性がある

お知らせ
今の人員でもっと効率のいいデータ活用をサポート致します。