クリック損失額の自動計算

いつもは気にならなかったかもしれませんが、クリックする回数が増える=時間がかかることで効率が落ちています。
その効率の損失を一度計算してみませんか?

お知らせ
今の人員でもっと効率のいいデータ活用をサポート致します。