検索
ホーム 情報漏洩リスクについて

情報漏洩リスクについて

情報漏洩すると、どんな事が起きるのか? [機密情報や個人情報が漏れたときの101のリスク]

社内関連

情報漏洩の事件をきっかけにして、売上が下がる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、営業利益が下がる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、会社に届く迷惑メールやなりすましメール、詐欺メールが増える可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、インターネット上に会社の情報が晒される可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにIT機器やシステムのIDやパスワードも漏洩して、日々の業務が停止して多大な損失が発生する可能性がある
IT機器やシステムのIDやパスワードも漏洩して、短期的に解決出来ず長期的に対応しないといけない事になる可能性がある
IT機器やシステムのIDやパスワードも漏洩して、最悪機器やシステムを入れ替えないといけない事に発展する可能性がある
IT機器やシステムのIDやパスワードも漏洩して、最悪機器やシステムを入れ替えても元通り戻らない可能性がある
IT機器やシステムのIDやパスワードも漏洩して、全ての社員のIDとパスワードを再設定し直す事になる可能性がある
IT機器やシステムのIDやパスワードも漏洩して、会社側がその事に気づかず不正ログインなどさらに影響が拡大する可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、イタズラ電話が掛かってくる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、社長の個人情報がインターネット上に晒される可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、社員が世間の人から白い目で見られる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、よく解らない業者からの電話や問い合わせが増える可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、仕事上でのトラブルが増える可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、社内での更なる不正行為やトラブルを助長させる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、優秀な人材が流出して指揮命令系統が崩壊する可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、優秀な人材が流出してチームや部署が機能しなくなり会社組織として体をなさなくなる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、優秀な人材が流出して社員の品質が劣化する可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、漏らした会社の子供が学校でいじめられる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、貧すれば鈍するのマイナスサイクルが走り出す可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、鈍するから貧するのマイナスサイクルが加速する可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、上場企業の場合、株価が下がる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、会社の規律が乱れる可能性がある
情報漏洩しないように強化策を実行するのに、多大な出費が掛かる
情報漏洩しないように強化策を実行したが、再度情報漏洩事件が発生して、会社的にお手上げ状態になる可能性がある
子会社で情報漏洩事件を起こすと、親会社まで被害がおよぶ可能性がある
親会社で情報漏洩事件を起こすと、子会社まで被害がおよぶ可能性がある
会社が倒産するとか根も葉もない噂話や風評被害が発生する可能性がある
人材の中途採用がしにくくなる可能性がある
人材の新卒採用がしにくくなる可能性がある
パートや契約社員の採用に苦戦するようになる
情報漏洩の事件後、専門家に相談しても、具体的に何をして良いのかわからない
情報漏洩の事件後、就業規則を変更したが社員から不利益変更の嫌疑がかけられる可能性がある
情報漏洩の事件後、正社員や契約社員と機密保持契約書を改めて結びなおす必要に迫られる可能性がある
長期にわたってサイバー攻撃にさらされる可能性がある
情報漏洩の事件後、何もしないとさらにITリテラシーが悪化する可能性がある
情報漏洩の事件後、放置しても対処しても、類似の事件が続発する可能性がある
そもそも組織に所属している人が微妙な機密情報については、機密情報じゃないと勝手な判断をしている可能性がある
機密情報と機密情報以外の区別が出来ていない社員について再教育しないといけない可能性がある
社員に対して再度コンプライアンス教育をすると、費用が掛かる可能性がある
情報漏洩の事件、日本の法律上クリアしていても海外の法律に引っ掛かる可能性がある
第二創業がしにくくなる可能性がある
大きい情報漏洩事件の後に、小さな情報漏洩事件が発生すると、特にそれには対処しなくて良いなど感覚が麻痺してくる可能性がある
情報漏洩の事件後、機密情報は持ち出してはいけないけれど、他の情報は持ち出しても良いなど勝手な解釈をする者が発生する可能性がある
情報漏洩の事件は、発生したが原因や犯人が特定出来ないまま終了するか、うやむやになる可能性がある
誰もが信用出来ず、社員間で疑心暗鬼になる可能性がある
情報漏洩の事件後、会社の危機を察して役員が自発的に辞めたりする可能性がある
役員も会社の情報を持ち出す可能性がある
代表取締役が交代するなど、役員人事に影響が出る可能性がある
情報漏洩の事件について、問い合わせの電話が増える可能性がある
情報漏洩の事件について、問い合わせのメールが増える可能性がある
警察を呼ばないといけないレベルになる可能性がある
弁護士に対処や処理を依頼する事になる可能性がある
情報漏洩の事件の規模が大きい場合、株主代表訴訟などに発展して訴訟を提起される可能性がある
情報漏洩のきっかけになった社員を給与減額や降格などの処分すると、労働問題に発展する可能性がある
情報漏洩のプロセスによって、加入しているサイバーセキュリティ保険が適用されない可能性がある
情報漏洩の事件の規模やインパクトや影響が大きい場合、会社宛の住所に不審物が届く可能性がある
情報漏洩の事件の規模やインパクトや影響が大きい場合、役員や社員が襲われる可能性がある
今の借りているテナントから出て行かないいけない事になる可能性がある
社内のコミュニケーションが取りづらくなる可能性がある
社内で進めてきた開発してきた手法がCI/CD等の場合、大幅な修正を迫られる可能性がある
社内でのIT資産の環境がTeraraformなどの新しい手法を取り入れている場合、軌道修正を迫られる可能性がある

社外関連

情報漏洩の事件をきっかけにして、大手企業から出入り禁止になる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、既存の顧客からの受注が途絶える可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、新規営業がやりづらくなる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、BtoBビジネスの場合、法人顧客が離れる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、BtoCビジネスの場合、一般顧客が離れる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、パートナー企業が離れていく可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、外注企業が離れていく可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、会社の資金繰りが悪化する可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、社員が集団で退職していくなどの事態になる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、経営が悪化して社員をリストラしないといけない可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、会社の情報は持ち出しても良い?など間違った解釈する人が発生する可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、今まで築き上げてきた会社のブランドに傷が付く可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、今まで築き上げてきた会社の信用に傷が付く可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、優秀な人材が退職する可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、よく似た事件が再び起こる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、インターネット上に会社に対してアンチが発生させてしまう可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、会社専属の弁護士が自発的に会社から去って行く可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、会社専属の社会保険労務士が自発的に会社から去って行く可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、会社専属の税理士が自発的に会社から去って行く可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、社員に対して再度機密情報等について、誓約書を取る事になる
情報漏洩の事件をきっかけにして、直接的にも間接的にも被害が無い取引している会社から説明を求められる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、他の法令違反の疑いがある事について詮索されて二次被害、三次被害が発生する可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、他の不正行為を誘発する可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、連続して発生して収拾が付かない状態になる可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、業界から一定期間干される可能性がある
情報漏洩の事件をきっかけにして、社内リストラを断行した場合、残ね社員は会社的に残って欲しくない社員が残る可能性がある
行政(官公庁)からの仕事が受注出来なくなる可能性がある
インターネット上にデジタルタトゥーが情報漏洩の事が残ってしまうと、何らかのマイナスの影響が出る可能性がある
銀行などの金融機関の融資が受けにくくなる可能性がある
些細な事だと会社側が思い込み情報漏洩事件を隠匿すると、その事がバレた時に約3倍から30倍位の規模になり暴発する可能性がある
ある程度の年月が経って、世間の人は忘れた時期でも業界人と一部の人の記憶には残り続ける
プライバシーマークやISOなど認定を取得する場合、取りづらくなる
有名企業だと、NHKや民放のメディアに報道される可能性がある
地元のニュースに流れたり、地元新聞に載る可能性がある
情報漏洩の事件発生後、サイバーセキュリティ保険の更新や加入が出来なく可能性がある
政府系や地方自治体系の補助金や助成金が受けにくくなる可能性がある
漏洩した機密情報や個人情報の類が、反社会勢力に渡ってしまうと大変な事になる可能性がある
漏洩した機密情報や個人情報の類に顧客先や社員以外の第三者の機密情報や個人情報が含まれていると対応がさらに難しく慎重になる

▼お問い合わせ等は下記から御願い致します▼

    必須会社名

    任意部署

    必須お名前

    必須メールアドレス

    任意郵便番号

    任意住所

    任意電話番号

    必須相談・お問い合わせ内容