全部調べる君[ ログ解析 ] 利点・特長

数理最適化、これらを駆使してデータ整理・活用へつなげます。AI機械学習、データ包絡分析法(DEA)

データ(ファイル)の棚卸し

オンプレミス・クラウドの適正な維持のために四半期、半年毎など定期的なデータの棚卸しが重要
データ(ファイル)の棚卸しをしますと、より精度の高いデータ(ファイル)を生成出来ます
監査対応では、適切なアクセス権限の維持の仕組みも必要です。
データ(ファイル)のアクセス権限可視化、データ(ファイル)のアクセス権限最適化
利用されていないユーザーの検出(ゾンビアカウント)、廃止済みのゾンビアカウントが使用されていないか監視
利用されていないフォルダ領域の検出、調査
データ(ファイル)アクセスの多い領域、ユーザーの検出
アクセスログの取得、管理(監視ログ解析)

データ(ファイル)に対する透明性の向上に寄与

データ・セキュリティとプライバシーの強化
現在の社内のデータ(ファイル)状況を俯瞰的に検分可能
データ整理して、IT基盤に掛かる運用費用を削減
コストを削減して、削減した分を再投資可能

データ(ファイル)の全体最適を実現できる3つのポイント

エラーや障害が出ないIT基盤の統合(マージ)環境が整う
運用管理しやすい仕組みづくりが出来る
他のシステム・アプリケーションなどとの連携可能になる

↓ インストール後の設定画面 ↓

全部調べる君[ログ解析]での設定している図

↓ 複合化された.datファイルを開けますと、ファイルの保存履歴が確認できます ↓

(ファイルを複合化しているために、.datファイルについては、ツールを使用しなければファイルの中身を見る事は出来ません)

全部調べる君[ログ解析] アウトプットのcsv

■■■■■■■■■■■■■■■■
[2]全部調べる君[ログ解析]
■■■■■■■■■■■■■■■■

[利点]
間接的に、ITに掛かるTCO(Total Cost of Ownership)が削減出来る
社員の労働生産性向上に繋がる資料を作成出来る

[課題解決]
長期的な視点での解決を目指す
データビジュアライズ化して、データ管理や利活用に応用出来る
ファイル変更の履歴が拾えて可視化してデータ整理に役立てる
見えにくくなった勤務実態とその弊害を解消する
働く場所や働く時間を選ばずに働けるようになったことで、下記のような課題が露見されます。
・社員の勤務実態が見えなくなり困っている
・在宅勤務での隠れ残業を把握できていない
・部下の心身のケアがしにくくなった

[手段]
データ(ファイル)のログ

[対象データ]
社内データ(ファイル)全て

[目標]
日々、社員行動から使い勝手良くなるようにフォルダとファイルの関係性を分析する、ファイルデータの動き(アクセスログ)から適切な構成を分析する

[目的]
社員の労働生産性向上
ファイルのアクセスログから使用頻度をデータビジュアライズ化して分析

 

全部調べる君[ログ解析]利点・特長

全部調べる君[ログ解析]の4段階の図その2
全部調べる君[ログ解析]の4段階の図その1
全部調べる君[ログ解析]での第1形態で表示している図。データ(ファイル)を扱え人の作業スピードを上げる
全部調べる君[ログ解析]での第2形態で表示している図。時間のロスや作業ミスを無くす情報資産(ITのAsset)の価値を上げる
全部調べる君[ログ解析]での第3形態 自動化(オートメーション化) 人に紐付いた状態からの脱却
顧客に対する型式 参考例
全部調べる君[ログ解析]での第4形態 少数精鋭化 労働生産性の最適化を図る事が出来る 人のIOPS(Input/Output Per Second)を上げる 社員(人)のIOPSを上げる…具体的に/自社ツール/自社ノウハウ ココで言うIOPSの定義…単位時間あたりで処理できるアクセスの数(Input Output per second) 人のスループットを上げる 社員(人)のスループットをを上げる…具体的に/自社ツール/自社ノウハウ ココで言うスループットの定義…単位時間あたりの仕事の処理能力 人のレイテンシーを下げる 社員(人)のレイテンシーをを下げる…具体的に/自社ツール/自社ノウハウ ココで言うレイテンシーの定義…仕事の要求を出してから実際にアウトプット(成果物)が提出されてくるまでに生じる提出されるまでの時間
全部調べる君[ログ解析]での第4形態 少数精鋭化 労働生産性の最適化を図る事が出来る 人のIOPS(Input/Output Per Second)を上げる 社員(人)のIOPSを上げる…具体的に/自社ツール/自社ノウハウ ココで言うIOPSの定義…単位時間あたりで処理できるアクセスの数(Input Output per second) 人のスループットを上げる 社員(人)のスループットをを上げる…具体的に/自社ツール/自社ノウハウ ココで言うスループットの定義…単位時間あたりの仕事の処理能力 人のレイテンシーを下げる 社員(人)のレイテンシーをを下げる…具体的に/自社ツール/自社ノウハウ ココで言うレイテンシーの定義…仕事の要求を出してから実際にアウトプット(成果物)が提出されてくるまでに生じる提出されるまでの時間

▼お問い合わせ等は下記から御願い致します▼

    必須会社名

    任意部署

    必須お名前

    必須メールアドレス

    任意郵便番号

    任意住所

    任意電話番号

    必須相談・お問い合わせ内容

    お知らせ
    今の人員でもっと効率のいいデータ活用をサポート致します。