データ整理のメリット、デメリット

データ整理のメリット、デメリット

メリット

データ整理をやった事の無い会社だと、少し時間が経つと効果が感じられる
自社社員に本業に集中させる事が出来る
自社社員の生産性を向上させる事が出来る
引き継ぎが比較的楽
社内でのデータ(ファイル)の共有が出来る
紙媒体を電子化した場合、探しやすくなる
固定費を下げる事が出来る
クラウド容量ベースの課金体系の場合、ITコストを下げる事が出来る
データを把握する事がセキュリティリスクを下げる事が出来る
自社社員のアウトプットのスピードと精度が上がる
自社社員のインプットのスピードと咀嚼力が上がる

当社が考える企業の情報(データ)は人で言うところの血液のようなモノ。この流れを良くして、そのものを綺麗にする事が重要。フォルダ構成、データ整理して、それを使用する人のITストレスを軽減して、労働生産性向上につなげます。

 

データ整理メリット(その1) 

①人がデータへのアクセスする速度が上がる→社員の生産性が高まり、会社が気持ちよく給料を社員に支払える 営業利益が増える。 

理由)データマージ化がある程度進めば、それに伴って社員の生産性も上がってくる。そうなると人件費コストが安く感じる。 

 

データ整理メリット(その2) 

②人と業務の切り離し データ整理/整頓からスタートして脱人を目指す!   

人の均一化 「この業務xxxさんでないとダメなんです~」「前任者の人はこうしてくれた!とか」 を無くす 

理由)人と業務が結びついていた場合に、キーマンが会社を辞めた時に顧客も同時に失う事を無くす 

ついでに、顧客からの「たかり」も無くす 依存体質からの脱却 

 

データ整理メリット(その3) 

③急な退職や人事異動にも対応出来る 

これからの時代は人がいつまで会社に残ってくれるか解らない  

会社は優秀な人材から辞めていく法則→並レベルの人で顧客への対応が迫られる→これを基準にすれば敢えて優秀な人材を採用しなくて良い短期的には、疫病関係で人余りでも、長期的には少子高齢化 少子にも対応 高齢にも対応 

データをマージして整理して置けば、ある程度高齢の方でも対応出来るし、少ない人数でも対応可能 良いこと尽くめ

 

 

デメリット

データ整理完了後のはじめは、少し混乱が予想される
データ整理完了後バックアップデータから、引っ張り出す事が何回かある事が予想される
データ整理が中途半端になった場合、クライアント企業の社員様に少し時間を取って頂く必要がある
(現場との調整、セッションが必要)

お知らせ
今の人員でもっと効率のいいデータ活用をサポート致します。