デジタルファイリング、データ整理
自宅作業時の不満をまとめて解決
リモートワーク・テレワーク応援団
対面コミュニケーションを超える、
オンラインコミュニケーションを実現!

急なテレワーク導入で、お困りではありませんか?

  • オフィスと違って、気軽にコミュニケーションが取れない
  • 各自が作成&使用している、資料やデータの共有・管理が手間
  • 通常の研修やOJTなど、社員教育が進めにくい
  • 顧客情報をはじめとして、機密情報の管理に不安がある
  • ネット環境が整っておらず、通信品質が低い

「リモートワーク・テレワーク応援団」が、テレワークの悩みをまとめて解決!

オフィス以上に、快適な環境づくりをサポートします。

コロナ禍とともに、多くの企業がテレワークを導入しました。しかし、これまでのオフィスと勝手が違うために生産性が落ちてしまったり、いったん導入したテレワークを取りやめてしまったところも少なくありません。

私たちが提供する「テレワーク応援団」は、多くの企業がテレワークを導入するときにぶつかる壁を取り除き、オフィス以上に快適に働くことができる環境づくりを支援するサービスです。

「リモートワーク・テレワーク応援団」が選ばれる、3つの理由。

特長
1

機密書類でも安心して預けられる、万全のセキュリティ

顧客情報をはじめ、企業に数多く存在する機密情報。そうした機密情報に、従業員が自宅などからアクセスすることに抵抗感を覚えるのは当然のことです。しかし情報管理のルールを決めるにしても、どう手をつけてよいのかわからないという方が多いのではないでしょうか。

弊社では、契約時に秘密保持契約(NDA)を交わしたうえで、限られたメンバー、限られた場所でのみデータや書類にアクセス。外部に情報が流出する心配が無い状態で、従業員の方々が情報を共有しやすい環境を構築します。

そのうえで、データ管理のマニュアルを作成して、従業員がさまざまな情報にアクセスする際のルールを明確化。弊社サービス導入後、「従来よりセキュアなデータ管理ができるようになった」とお褒めいただくことも少なくありません。
特長
2

コミュニケーションとデータ共有が円滑に

従業員全員がオフィスで働いていたときには「●●の件、ちょっと教えて?」「■■の書類の一番新しいやつ、どこにあったっけ?」といった会話を交わし合いながら、チームで協力しながら作業を進めることができました。

しかしテレワークでは、「オンラインのコミュニケーションツールの使いこなし」「わかりやすいデータ共有」の2つがそろわないと、円滑に作業を進めることが困難です。

弊社では、ツールの選定や導入、教育などをまとめて行うことで、従業員が働きやすい環境をご提供します。
特長
3

ウィズコロナ時代の成長戦略をサポート

ウィズコロナ時代では、社内の作業だけでなく、顧客や取引先とのやりとりでも、各種ツールを賢く使いこなすことが必要となります。

弊社は単に作業請負として、テレワーク環境を構築するだけではありません。電子データを扱うプロとして「どんなデータを、どう整理&共有して、どう活用すれば良いか」のご提案や、新スタッフへの教育など、さまざまな形でサポートさせていただくことが可能です。

今後の成長戦略を支えるパートナーとして、末永くお付き合いいただけます。

ニーズによって選べる、充実のサービスメニュー

1

リモートワーク・テレワークツールの選定、あっせんなど

ニーズに合ったコミュニケーションツールやクラウドサーバーなどをまとめてご提案。契約、導入、初期設定などをまるごとおまかせいただけます。

もちろん、既にお使いのツールと連携したプランをご提案することも可能です。
2

電子データの整理

パソコン、ファイルサーバー、クラウドサーバーにある重複フォルダやファイルを探し出して、ファイルやフォルダの削除、別名への変更(リネーム)、別の場所へ移動して保存・保管などを行います。
3

紙の書類の整理とデータ化(スキャン作業)

事務所内にある書類のうち、整理をご希望されるものをお預かりして、カテゴリー別および時系列に分類のうえ、ご報告します。

その上で、データ化(スキャン作業)をご希望のものについて作業を代行。電子データと同様のルールで適切なフォルダに、適切なファイル名で格納します。
4

高スピードVPN構築、プロバイダのあっせん

社内のネット環境に安全な形でアクセスする際に必要となるVPN。テレワークを導入した多くの企業が悩まされているのが、このVPNに起因する通信の遅延です。高スピードなVPN環境を構築することで、通信時のストレスを大幅に軽減します。

また必要に応じて、社内および従業員宅などのネット環境を高速化するプロバイダのあっせんも行うことが可能です。
5

運用ルールの策定とマニュアル化、社員教育

御社の状況やニーズに合わせて、コミュニケーションツールの使いこなしやデータ共有などについてのルールを策定。マニュアル化したうえで、必要な社員教育を請け負います。

またご希望に合わせて月次サポートも提供。単なる作業のお手伝いだけでなく「成長戦略に沿ったテレワークの活用法」などをコンサルティングします。
6

紙の書類の保管代行

テレワークが進んでいくと、従来の広いオフィスを縮小してムダな経費を減らすという道も見えてきます。

その際に大きな障害となる「保管が必要な書類の山」のなかで、普段すぐに使用しないものをまとめて保管。書類保管の実績豊富なパートナーとの提携により、返却の要望にも迅速にお応えしています。

よくある質問

  • Q.
    何日くらいかかりますか?
    A.
    ご提供するサービスの種類、従業員数などによって異なります。ヒアリング後、概算の日数、調査&分析後のご提案時に詳細をご連絡させていただきます。
  • Q.
    いくらぐらいかかりますか?
    A.
    ご提供するサービスの種類、従業員数などによって異なります。ヒアリング後、概算の日数、調査&分析後のご提案時に詳細をご連絡させていただきます。
  • Q.
    大切なデータが無くなったりしませんか?
    A.
    弊社での作業は、安全な領域に全データのバックアップを取ってから行いますので、ご安心ください。
  • Q.
    データや書類の受け渡しはどうすれば良いですか?
    A.
    通常、データについては弊社が指定するクラウドサーバーにアップいただきます。紙の書類については、弊社事務所までご郵送ください。
  • Q.
    機密の漏洩など、本当に心配ないでしょうか?
    A.
    弊社ではデータや書類をお預かりする前に、秘密保持契約(NDA)を結ばせていただくように徹底。データにアクセスできる作業場所を制限など、セキュアな環境づくりにも力を入れています。また、万一の情報漏洩に備えて、賠償責任保険にも加入しており、安心してデータをお預けいただくことが可能です。
  • Q.
    現在、導入しているツールを組み合わせることはできますか?
    A.
    基本的には可能ですが、ご希望されるテレワークの内容によってはツールの乗り換えをオススメする場合もございます。ヒアリング後、概算の日数、調査&分析後のご提案時に詳細をご連絡させていただきます。

サービスを提供するONE DATA株式会社はこんな会社です

クラウド技術の知見と、高度なシステム開発力を融合
・今まで蓄積したノウハウでデータ整理
・データ関連エンジニア(セキュリティも含む)のバックボーンがある
・技術的側面では、独自アプリケーションや補助的ツールを使用
この3つの点から、お客様に最適なデジタルファイリングをご提供します。
代表・北浦からのメッセージ
ONEDATA株式会社は、2016年の創業以来「データの活用を通して、ビジネスをサポートする」ための活動を続けてきました。クライアント様からさまざまなご相談をいただくなかで気づいたのが、「絶対的なデータ量が多すぎる」という課題です。

弊社では「デジタルファイリング」というサービスを通して、クライアント様のデータ管理や共有の悩み解決に力を入れてきました。

今回ご紹介する「リモートワーク・テレワーク応援団」は、デジタルファイリングで培った技術や経験を生かし、テレワークに関わる困りごとを纏めて解消するものです。私たちのサービスが、皆様のビジネスを後押しするお役に立てるのであれば、こんなに嬉しいことはありません。

お問い合わせ