運用も含めた全体的なデータマネジメント


データマネジメントによる顧客視点での業務遂行

・有用性やコストメリットなど、日々の業務改善だけではなく、経営者層に重要性と費用対効果など説明

・その企業や個別の部署や全体に取って最適となるようなソリューションを提案

・どの企業でも共通するようなデータの整理と情報のアップデート

・業種・業界毎の特性を鑑みたデータマネジメント手法の確立

・それらのデータを蓄積から活用に変化させ経営資源に接続するための手法確立

・データマネジメントに関する製品、サービスの習熟と差別化要素などの蓄積

・データマネジメントとセキュリティを包含するソリューション提案資料の作成

 

(1)データの整理、整頓

 (データ整理のメリットの設定や目的のデータを素早く見つける方法を提示。

ファイルやフォルダのネーミング・リネームやディレクトリー構成の変更など)

  ※データ整理のメソッドや定義についても作成

(2)データのより活用するメソッドの開発、共有化

(ルールの統一、既存データの利活用、DXなどにも応用出来るように正規化

効果が高いのは、よく使用しているフォルダやファイルについて、整理整頓すると作業効率の少し上がった感を体感出来ます。

 

視界から普段は使わないフォルダ群やファイル群などを消すと、こちらも作業効率の少し上がった感を体感出来ます。

 

アクティビティの高いフォルダ群やファイル群を触るときには、注意してください。

(日付の新しいデータを、日付の古いデータに書き換えてしまう場合がある)

 
お知らせ
今の人員でもっと効率のいいデータ活用をサポート致します。