経営の喫緊(きっきん)の3つの課題について

経営の喫緊(きっきん)3つの課題について 

 

① コロナ禍の中からの業績回復

新型コロナウィルス感染症の影響により、2020年後半から来年に掛けてまだ経済が回復シナリオが見えておらず、売上と利益の増加が大企業、中小企業共に課題となっている。

 

社員の働き方について

社員の働き方については、リモートワーク・テレワークが可能な職場環境を整備して行く必要がある。(業種業態によって、必ずしも全ての企業が可能な訳では無い

 

③   更なるコスト削減  …  

会社の固定費、変動費については、どの企業も出来る限りの事はやっていると思われるが更なるコスト削減が求められる。 

 

提供価値 

① コスト削減人件費率削減 

②   生産性向上労働生産性向上  ⇒⇒⇒  社員様のモチベーションUP↑

③   売上げ向上 

 

技術要素 

  メインとなるアプリ(重複排除、類似名称など抽出)  ⇒   メインツール 

  その他の支援ツール  リネームツール  ⇒  補助的ツール 

  ツリー構成表示ツールなど

 

 

セキュリティ面 

(複数のセキュリティソフトでチェックしている

(作業は、ネットワーク、インターネットに繋がっていないPCで作業する
(セキュリティエンジニアによる定期的な環境の見直しなど行っています)

お知らせ
今の人員でもっと効率のいいデータ活用をサポート致します。