データ整理しないと発生するリスク126個

データ整理しないと発生するリスク126個

社内

セキュリティ関係

会社の情報漏えいリスクが高まる
メールの誤送信を起こしてしまう
社員をサイバーセキュリティ研修させたりする時間が、中々取れない
情報漏えいなどのセキュリティ対策の危険度が増す
サイバー攻撃に対して会社の防御に対する免疫が弱くなる
サイバー攻撃受けた際に、被害状況の全体を中々把握出来ない
情報漏えい事故を起こした場合、どれ程データを失ったか分からない

社内

コスト関係

社内ITに関するコストが上がる(ITコストが下がらない)
ムダなIT投資が発生する
社内業務に対して、コストパフォーマンスが落ちる
社内で使っていないIT機器やソフトウェアが残してしまう
社内システムに掛かる費用が下げられない

社内

社員関係

社内での人事異動の際に、引き継ぎがうまく行かない
社員が時間について、余裕がいつも無い状態で作業をする
総体的な仕事量が、いつまで経っても減らない
業務のアウトプットの精度が良くならない
社員が業務に対しての反応速度が良くならい
社員が扱えるデータの管理範囲が広がらない
社内の意味不明な仕事が減らない
社員の労働生産性が落ちる
社員のキャリア開発への時間がさけない
社員のリスキリングなどへの時間がさけない
社内の業務量が中々減らない
社内での1つのプロジェクトに対して、少人数で進められない
社内の業務改善が出来ない(進まない)
顧客の提案の資料の質が上がらない
社内で使用しているシステム変更等の社員研修への時間がさきにくい
社内での作業効率が上がらない
社内での業務フローが、中々短縮化されない
社員のデジタル疲労が軽減されない
社内ITが煩雑なままになった状態になる
社員のITに対する参加意識が高まらない
社員の仕事が多いから作業効率が落ちると言う負のスパイラルが無くならない
社内の業務量が増えると、格段に社員への負荷は上がる
社員が嫌がるハードワークが減らない
社員から嫌われる業務が分解されない
仕事過多が、社員のプライベートにも影響を与える
社員の心身に影響を与える仕事上でのストレスが減らない
社員が精神疾患に罹患する
ハードワークや重要な仕事に集中できない
仕事のクオリティが上がらない
ITを使ってコミュニケーションが、一定化しない
無駄な作業が減らない
土日出勤やサービス残業が減らない
社員への体への負担が減らない
労働環境が改善されない
社員間での調整が中々しづらい
サービス残業が減らない
後ろ向きの仕事が減らない
仕事に集中しにくい環境が生まれる
体調不調を来す社員が、それなりの確率で発生する
社内の泥臭い作業、間作業や準備作業が減少しない
慢性的な人手不足が無くならない
若手の離職率を下げられない
時間内で仕事を終わる事が出来ない
体調不良や職場環境の不満で会社を辞める社員が発生する
社員が自分の業務をブラックボックス化してしまうリスクが発生する
全体の業務量が減らない
社員の労働時間が減らない
社員の平日の予定が立てにくい
社員の拘束時間が減らない
社員の業務管理、勤務管理がしづらい
社内システム運用の可用性が上がる
ITを使った働き方の効率が上がらない
月末月初や決算期締めの業務量を減らすことが出来ない
曖昧な思考が明確に出来ない
社内業務に対する深さが増さない
社内業務に対する広さが広がらない
社内業務に対する解像度が上がらない
社内業務の見通しが立ちにくい
顧客の業務解決に対する解決策が安直になりやすい
顧客への提案資料について、全体的に薄くぼんやりしてしまう
顧客への提案資料について、フワッとした資料になってしまう
顧客への提案資料について、具体性が少なく無理のある資料になりがち
効果的に業務遂行出来ない
現状の不具合など改善の機会を認識出来なくなる
社内の意思決定が遅くなる
顧客への提案が中々通りにくくなる
サボっている社員が見つけ出しにくくなる
顧客提案資料が、提案先で他社での使い回しの資料である事が露見する
M&Aした会社の統合が、中々進まない
M&Aして買収した会社との統合が結局失敗に終わる

社内

品質やシステムなどへの影響

社内のデータの質が向上しない
業務に対するタイムパフォーマンス(タイパ)が上がらない
社内でITを使った仕事のスピードが、中々上がらない
デジタルデータの多面的要素を見いだせない
社内のCRMをやりづらい
社内のSFAをやりづらい
社内のDX化をやりづらい
クラウドなどITアセットのストレージ容量を減らせれない
IT環境のレイテンシーが良くならない
残すシステム残さないシステムが見えてこない
社内IT資産全体として必要なモノと不必要なモノが見えてこない
社内のデータ分析しづらい
社内のデータ移行がやりづらい
社内のシステム移行がやりづらい
社内ITのアセット(資産)について、見える化されない
社内ITのアセット(資産)について、管理しにくい
社内データの可動性があがらない
社内のシステム障害など減少せず、増加傾向になる
社内のデータベースの処理が遅いままになる
社内のシステムが全体的にスピードアップしない
新しいクラウドサービスが導入出来ない
社内のシステム改修が出来ない
社内のデータのバックアップがしにくい
グループ企業でのシステム移行・データ移行がしにくい
ITの視点から業務改善がしにくい
グループ企業でのシステム統合しにくい
社内のIoT化が進めにくい
紙でやっていた業務をIT化しづらい
社内システムの誤操作が減らない、増加傾向になる
OSの更新やアプリケーションのバージョンアップしづらい
社内での重要なデータがどれなのか見える化出来ない
ChatGPTなど使ったAIシステムを導入しiにくい
新しいシステムの構築がしづらい
ITを使った新しいサービスを創り出すことがしにくい
より良いシステムを導入しにくい
会社のIT機器のデバイス管理がしにくい
データを使ったマーケティングしにくい
社内の電子化が進めにくい

社外

対顧客関係

顧客に自社がデータ管理している事についてアピール出来ない
顧客のクレームを減少させられない
自社の社員が外部のIT関係のセミナーなどに参加出来る時間が作れない
自社の社員がクレーム対応に取られる手間が減らない
IT系の外注などに対して説明しづらい
外部委託のIT業者に対して、手戻りが発生する

    必須会社名

    任意部署

    必須お名前

    必須メールアドレス

    任意郵便番号

    任意住所

    任意電話番号

    必須相談・お問い合わせ内容

    お知らせ
    今の人員でもっと効率のいいデータ活用をサポート致します。